不眠症にならない為の対策方法

多くの現代人が悩まされている、不眠症にならない為の対策について考えてみましょう。

適度な運動で健康的な体と睡眠を意識する

まずお勧めする事は、適度な運動です。
不眠症の原因の一つに運動不足が、あげられる様に身体を動かすことは、適度な疲労感を与えて、入眠を助けてくれると言われています。
過度な運動は逆効果ですが、日中に屋外でする適度な運動は、適度な疲労を生み、三大神経伝達物質の一つで心の安定を保ち不眠症を防ぐセロトニンの増加に働きかけることもあり、質の高い睡眠を取りたいという方におすすめされています。

 

睡眠環境の見直しをしてみる

次に、睡眠環境を整える方法もあります。
普段、休んでいる部屋の照明を少し暗めにしたり、抱き枕の利用、枕元に入眠効果のあるラベンダーなどのアロマを香らせる。
また、リラックス効果のある音楽をかけるなど、自然に眠りに入りやすい環境を整える事は、質の良い睡眠をとる事につながります。

 

食事の摂り方を見直してみる

また、食事も不眠症に関係していると言われています。
まず、食事をとる時間です。
夜、眠る前に食事をとる事は、内蔵に負担をかけます。
眠っていても、胃や腸は消化の為に活動しなくてはいけないからです。
少なくとも眠る2〜3時間前には、夕食をすませておくことが勧められています。

どうしても、眠る少し前に食事をとらなくてはいけない場合や夜中におなかがすいた場合は、油分の多い食べ物は避け、胃や腸に負担をかけないものをとるのがおすすめです。

 

また、出来るだけとらない様にした方がいいものとして、タバコやコーヒーなどのカフェインを含んだものがあります。
ともに脳を刺激するので、どうしてもとりたいたい場合は、眠る直前は避けるのがポイントです。

睡眠を促す成分セロトニンを生成するトリプファン

また、積極的に摂った方が良い食べ物もあります。
セロトニンを多く含んでいる食べ物です。
セロトニンを増やす食べ物としてトリプトファンを含んだ食べ物があります。

 

不眠症,対策,方法,解説,改善

 

この成分は、体内で作る事が出来ない為に食事で摂取しなくてはいけません。
トリプトファンとは、たんぱく質に含まれる物質でチーズなどの乳製品、納豆などの豆類、肉類にも含まれています。
その他に、このトリプトファンを手軽に効率よく取れる方法として、栄養補助食品やサプリメントもあります。


 

 

不眠症,対策,方法,解説,改善

不眠症にならない為の対策記事一覧

今現代人の5人に1人が悩まされていると言われる不眠症にも様々な症状があります。特にあげられる症状に、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害があります。その症状の中でも、起きる予定の時間よりも早い時間に目が覚めて、それから眠れなくなりストレスを抱えやすい早朝覚醒の対策について考えてみましょう。太陽の光でしっかりと体を目覚めさせるまず、ご紹介したい方法として太陽の光を浴びる事があります。不眠症の原因の...

夜眠れない。朝早く起きてしまう。眠りが浅い。眠りに関するお悩みを持つ方はストレス社会と言われる現代には多くの人が抱えています。日本では5人に1人が不眠症に悩まされていると言われています。それでは、具体的に不眠症にはどのような症状があるのでしょうか。一般的によくあげられる症状なかなか寝つけない入眠障害途中で何度も起きてしまう中途覚醒起きる予定の数時間前に起きてしまい眠れなくなる早朝覚醒十分休んでいる...

ストレス社会と言われる現代において、多くの方が不眠症の症状に悩まされています。5人に1人が、不眠症の症状に悩まされている今、良い睡眠を取れるかという事は、健康を保ち、明日への活力を養う上でも、とても大切な事です。主な不眠症の症状ところで、不眠症と言っても、様々な症状がある事はご存知でしょうか。不眠症の症状を大きく分けると4つの症状があります。ベットに入ってもなかなか寝つけない入眠障害夜中に途中何度...

気持ちよく眠るのには毎日使う寝具も関係していますよね。枕がしっくりこない、肩がこる、足が冷える、など不眠の原因になっています。ちょうど高さがいい枕やリラックスできるあかりやアロマの香りなどおすすめの不眠対策グッズを紹介します。今1番売れている六角脳枕。めざましテレビでも紹介された人気の枕です。枕を見直す安眠には枕の高さが重要だと言われています。高さが合わないと肩こりや頭痛が起こり起動を圧迫するため...