不眠症の治療方法にはどんなものがあるの?

不眠症の主な治療法についてご紹介していきます。

 

薬物療法と非薬物療法

不眠症の治療方法には、まず大きく分けて薬を使う治療法と薬を使わない治療法があります。

 

主な薬物療法

薬を使う薬物療法では、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」などの不眠症の様々な症状にあった薬による治療法です。

 

不眠症,治療,方法,症状,効果

主に、頭の活動を鎮静化させ、不安感を抑え、脳の働きを休ませ睡眠へと導くベンゾジアゼピン系睡眠薬・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と覚醒のリズムを調え睡眠へと導くメラトニン受容体作動薬の二つのタイプが現在では使われています。

 

主な非薬物療法

次に、薬を使わない非薬物療法は、まずは生活習慣を見直す事です。
厚生労働省の出している睡眠障害対処12の指針によると、同じ時刻に毎日起床、規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣を持つことをすすめています。
生活習慣にリズムを持つことが、夜にきちんと睡眠へ導く良い睡眠習慣につながると言われています。

 

心の治療〜認知行動療法

不眠症,治療,方法,症状,効果

また、不眠症の治療法に認知行動療法があります。

認知行動療法とは、物事の受け止め方、解釈の仕方を修正する事で実際の行動を修正する療法です。

 

具体的には、不眠症の方には、心身共に過度な緊張状態が不眠を引き起こしている場合があります。
その受け止め方を解消したり、過度な緊張を緩和する事で不眠を解消する療法です。

 

薬物療法との合わせる事で更なる効果が表れる事があると言われています。

 

不眠症,治療,方法,症状,効果

 

その他にも、体内時計を活性化させる為、朝起きたら朝日を浴びましょう。そして眠りにつく4時間前にはカフェィン摂取を避け、ぬるめの湯につかったり、音楽を聞くなど自分なりのリラックス法を持ちましょう。


 

 

不眠症,治療,方法,症状,効果

不眠症の治療方法記事一覧

病院などでの治療法とは別の普段の生活を見直す事で出来る不眠症対策としておすすめされている治し方について調べてみました。不眠症の症状の一つに過度な緊張状態が継続している場合があります。その緊張状態を解消し、体をリラックスさせる事で眠れない悩みの緩和のポイントだと言われています。植物由来成分で心と体をリラックスまずは、普段から飲んでいるコーヒー、お茶などカフェインの入っているものからハーブティーなどリ...

不眠症で病院にかかる場合、どこにかかればいいのかというのは悩んでしまいますよね。というのも、不眠症はうつ病の初期症状や更年期の症状の一つとしても現れる場合もあり、様々な病気の症状の一つとしてよくあげられる症状だからです。どこへ行けばいいかわからないという方は、まずかかりつけ医や総合病院へご相談する事をお勧めします。その病院の診察から、他の科へ紹介状を書いてもらう事も出来るからです。それでは具体的に...

不眠症の改善する方法は医療面や民間療法、私生活の中での対策など様々ありますが、その中で睡眠薬と違う休息サプリメントが注目されています。最近の薬は、医師の注意を守れば大丈夫だとは言われていますが、副作用の事も含めて不安だという方も多くいらっしゃるのも現実です。休息サプリメントは、その言葉の意味(補う)の通り、栄養補助食品・健康補助食品です。薬ではなく、食品の扱いなので薬に抵抗がある方には、休息サプリ...

今、日本人の5人に1人が不眠症と言われています。隠れ不眠の方を対象にすると更に増えると言われ、いかに多くの方が不眠症に悩まされているかわかります。とはいえ、睡眠薬で改善するのには不安だし、抵抗があるという声が多いのも事実です。そんな方におすすめされているのが、生薬です。生薬とは、精製せず天然の素材そのものの薬効を生かした薬の事で東洋では漢方、西洋ではハーブの事をいいます。生薬は体にも優しいことから...

睡眠薬は、副作用があるから少し抵抗があるという方も多いと思います。具体的にどのような副作用があるのでしょうか。多くの方が感じる睡眠薬の依存性まず、多くあげられる副作用に、依存性があります。最初は一錠で眠れていたのが一錠でも効かなくなり、体がその量に慣れてしまい、更に睡眠薬の量が増えてしまうという具合に依存性が強く、急にやめられない場合があります。そのうち、睡眠薬なしでは、眠れなくなってしまうという...

様々な不眠症の症状の中でも、目覚める予定の時間よりも早く起きてしまい、それから眠れなくなる症状を早朝覚醒と言います。眠りが浅い為に、日中に頭がぼーっとしたりするなど集中力が続かず仕事や学業に支障をきたす場合もあります。原因は、眠りを促す副交感神経と日中の活動の時に活発になる交感神経の働きが、ストレスなど様々な要因で乱れてしまう事から生じると言われています。不眠症の原因のひとつセロトニンの減少また、...

夜中に何度もおきてしまいそれから眠れない。きちんと睡眠時間をとっているのに疲れがとれない。ストレス社会と言われる現代では、睡眠に関する悩みを抱えている方が多くいます。日本人の5人に1人が不眠症に悩まされていると言われています。睡眠が長く取れない中途覚醒睡眠障害の中でも、睡眠時間をきちんと取っていても何度も起きてしまう為、疲れがとれないという症状に中途覚醒という症状があります。眠りが浅い為、日中にボ...

ぐっすり眠った次の日は、朝から爽やかな気持ちで家事に仕事に取り組めるものです。一方、あまり眠れなかった日は、気分も重く1日家事や仕事も思ったようにはかどらず憂鬱な一日となってしまうことがあります。布団に入っても眠れない入眠障害睡眠障害の中でも、悩まれている方が多い症状の一つにベットに入ってもなかなか寝つけない症状である入眠障害があります。入眠障害を含む眠れない悩みは病院での相談、睡眠薬といった対策...

きちんと睡眠時間をとっているのに、朝目覚めた時すっきり感がない。日中に、眠くなる。この様な症状で悩まされている方がいたら、熟眠障害の可能性があります。眠りが浅く、疲労の回復を妨げる熟眠障害眠りが浅い為、きちんと休息がとられておらず日中にぼーっとする事も多く、仕事や学業に支障をきたす場合もあります。睡眠時間はきちんととっているからと過信せず早めの対策を意識することが大切です。熟眠障害の改善には体内時...