不眠症と睡眠のメカニズム

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策

不眠症対策のためには、まず、基本的な睡眠のメカニズムを知っておく必要があります。
睡眠に悩んで対策方法を探すことばかりに目を向けてしまいがちですが、基本的な睡眠のメカニズムを理解することは無理のない不眠症の対策を見つけるヒントにもなりますのでしっかりとチェックしましょう。

 

睡眠欲求と覚醒力のバランス

 

睡眠は疲労によって出される睡眠欲求と体内時計に合わせた覚醒力の二つのバランスで成り立っています。
人間の身体はこのサイクルを基本に自律神経やホルモンなどのさまざまな生体活動と合わせて効率良く休息を取る仕組みとなっています。

 

レム睡眠とノンレム睡眠

 

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策

睡眠は二つのサイクルを行き来します。

眠りの浅いレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が約90分周期で変動します。

  • 体内時計によって睡眠欲求のリズムと覚醒のリズムが変動する

こうしたリズムの中で毎日同じ時刻に睡眠のリズムに入り、平均8時間ほどで目覚めのリズムになります。
このように人の睡眠のリズムには短い周期と大きな周期の二つがあります。
この体内に宿る時計が正常に動いていると睡眠によって脳が一日の情報を処理して身体を休息する為に働き始めます。

 

不眠の状態でも人が行動できる理由

 

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策

  • 体内時計が睡眠のリズムから目覚めのリズムに変わる

また、徹夜などで長時間起きている状態になると脳から睡眠を求める信号が送られて眠気を感じるわけですが、この脳からの信号を無視し続けると次は目覚めのリズムに入ってしまい身体が覚醒して眠気が弱まります。

 

不規則な生活を送っているとこの体内時計が狂いはじめ、夜に目が冴えてしまったり、逆に朝にならないと眠れないなど睡眠のリズムが狂ってしまいます。
この状態が続くと睡眠時間を取っているのに眠気が収まらないことや入眠が悪くなったり、短い時間で目が覚めてしまう中途覚醒といった不眠の症状を感じる場合があると言われています。

 

睡眠の質や量は体の不調へと繋がる

 

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策

充分な睡眠が取れないと人は様々な不調を感じ始めます。

仕事でのストレスや残業、精神的な悩みや不安によって現代人は睡眠を充分に取れる環境が少なくなってきています。

 

不眠症対策をする為にはまず、ストレスの緩和や規則正しい生活を目指すことが大切ですが、睡眠のメカニズムを知って睡眠に入る前に身体を寝るための準備時間を設けてあげることや目覚めに関してもギリギリまで寝るのではなく、睡眠の周期に合わせて起床して身体を目覚めのリズムへと導く時間を設けるなどすることが不眠症や睡眠に関する悩みを解決するのに大切ですし、第一歩と言えるでしょう。

 

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策

 

こうした睡眠のメカニズムによって通常、人は夜に眠たくなり、朝めが覚めるのですが、仕事や生活環境によって不規則な時間の中で生活していると体内時計は乱れてしまいます。
そんな状況を改善するためにリラックスアロマや不眠症対策の休息サプリを利用して眠りのリズムを元に戻すことや入眠を誘発する状況を作ってあげることも大切ですね。


 

 

不眠症,睡眠,メカニズム,体内時計,対策


不眠症と睡眠のメカニズム記事一覧

不眠症といっても症状は様々です。また、年齢で見ても違いがあるようです。年齢別で見た不眠症の症状にはどのようなものがあるでしょうか?若い年代でも慢性的な寝不足を感じている10代から20代前半の若い年齢層では不眠症ではなく慢性的な睡眠不足の人が多く中学生では40%、高校生では50%が睡眠不足を感じているとの統計が出ています。スマホの普及と睡眠不足の関係性最近ではスマートホンの普及もあり目への刺激も強い...

近年では不眠症に悩む人が増えてきています。そんな不眠症は男女の性別のよってどのように違うのでしょうか?身体の作りや日々受けるストレスの感じ方も違う男女では睡眠のリズムも違いがあると言われています。まず睡眠について悩みを感じているという人は全体で約68%、男性で約66%、女性では約70%と女性の方が不眠症に悩む人が多い傾向にあるようです。女性の睡眠の傾向と不眠の原因女性は未婚者の方が既婚者より約3%...

不眠症に悩む人の中で季節によって眠れる時期と眠れない時期を感じる人がいます。普段は不眠症だと感じることはなくてもある季節や時期が来ると、どうにもしっかり睡眠が取れていないといった悩みを持つ人は多いです。人間の身体は睡眠時に体内の熱を外に逃がす働きを持ち、体温が下がります。ですが、季節の変化や季節の変わり目には外気の温度が不安定になり、体温調節をする為に身体が睡眠時にも働き始めます。その影響から睡眠...

不眠症になると人はどのような身体の不調を感じるのか?睡眠不足になると日中にも影響が出やすくなります。そんな不眠症を健康面への影響から考えてみましょう。まず睡眠の長さや質が不十分だと仕事中などの起きている時間に大きな影響が出て来ます。不眠症からくる健康不良不眠症で現れる体調の変化倦怠感注意力や記憶力の低下動悸やめまいなどの自律神経の乱れ頭痛胃腸の能力低下このように不眠症になると仕事や学業に様々な影響...

睡眠導入の仕組みについて調べてみました。不眠症で悩む人は参考にして下さい。睡眠導入とは外側から取り入れる事を指します。「寝なければ明日がしんどい」という意識で余計に眠れなくなったり、考え事が多すぎて脳みそがリラックスできない、ストレスなどが一般的です。睡眠導入は脳をリラックスする方法です電気は暗めの豆球が理想的布団に入ったら全身の力を抜く※大の字のような姿勢空気を循環させると寝付きやすいと言われて...

ストレス社会と言われる現代において、ストレスを感じないで過ごしている人はいるでしょうか。ストレス学説を唱えたカナダ人生理学者のハンス・セリエが、「ストレスは人生のスパイスだ。」という言葉を遺している様に適度なストレスは、人生に良い刺激になり結果的にプラスに作用する場合もあります。しかし、過度なストレスは、身体に様々な不調を起こすきっかけにもなる為、十分気をつけなければいけません。その様々な身体の不...

不眠症はうつ病の初期症状の一つとしてよく見られる症状とも言われています。不眠症はうつ病を、うつ病は不眠症を引き起こすと言われ大変深い関わりがあります。睡眠の悩みを持つ方は不眠症とうつの関係を理解して対策の参考にしてください。うつ病の原因にもセロトニンが関係していますうつ病の原因の一つに、セロトニンの不足があると言われていて、セロトニンは、「ノルアドレナリン」「ドーパミン」と並ぶ三大神経伝達物質の一...

統合失調症が起こる原因は今もまだはっきりとわかっていません。遺伝性、妊娠期の栄養不足や出産時の酸素不足、内向的な性格やひ弱な性格など異常なほど思いつめたり自分を追い込んだりする性格なども関係していると言われています。そのため原因不明の精神的な異常を発症しているのが統合失調症の特徴と言われています。統合失調症と不眠症の関係性統合失調症と不眠症は大きく関わりがあり、統合失調症の初期症状は不眠症で病院に...

夜にベッドに入っても眠れない。途中で何度も起きてしまう。しっかり休んでいるのに、朝すっきりしない。昼間の疲れを癒し、休息する為の大切な睡眠時間が取れない事は大変つらいことです。また、この様な症状が一日だけでなく一か月以上続く様であれば病気の可能性もありますので、病院に相談する事をお勧めします。一般的に夜に眠れない場合の病気として良く知られている病気に、不眠症があります。4つの不眠の症状不眠症は、睡...

女性にしか経験ができない妊娠。妊娠する事によってホルモンのバランスが変わることもあり、体調に変化を感じる方が多いです。妊娠初期はトイレも近くなりつわりに悩む方、また、寝ててもお腹の子を守りにはいるので神経質になる時期でもあります。人によっては食欲に関しても過食、食欲不振といった変化や、眠りに関しても、不安定になる時期でもあります。6か月にもなると1番安定している時期です。栄養を考えたり必要なものを...

疲れているのに眠れない時に役立つ不眠症対策の休息サプリ「グッドスリープ」はこんな人におすすめされています。疲労が溜まって寝付きが悪い緊張して眠れない布団にはいってもなかなか眠れない何回も目が覚める朝なかなか起きれない睡眠が浅く日中眠くて集中できない今のストレス社会では不眠症で悩む人が増えています。原因は不規則な生活、食事などが考えられます。グッドスリープサプリは100%無添加の100%植物成分から...

心配事があって考え込んでしまうと、布団に入ってもなかなか寝付けない状態になってしまうことがあります。心の状態の乱れは脳が緊張状態となってしまい、睡眠を促すセロトニンが排出されず、入眠の妨げとなる場合があります。そんな心配事があって心に不安を抱えた心のリラックス、睡眠に関係するアミノ酸を補える休息サプリメントが「これがナイト」です。信頼と実績ある会社が送り出した休息サポートサプリメント不眠症対策の休...

不眠に悩む人は寝つきが悪いといった時におすすめされているツボがあります。もちろん、これだけで不眠が解消するということではありませんが、血行の促進や気持ちをリラックスさせるといった点でおすすめですので、お風呂上りや睡眠前の時間のボディケアと共に行ってみてはいかがでしょうか?百会(ひゃくえ)頭頂部にツボがあります。鼻、左右の耳の繋いだ部分ツボの押し方は左右の中指で頭頂部のツボと周辺を指圧します。不眠、...

不眠症とは眠れない日が続き十分に睡眠がとれず慢性化している状態と言われています。その原因は精神的なものが多く、不眠が続くとうつ病や神経性の病気につながる場合もあります。眠れない悩みにはビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養バランスの取れた食事も大切です。セロトニンの生成を促すトリプファンを摂るための食べ物不眠症を改善するための代表ともいえるトリプトファン成分。トリプファンは睡眠を促すセロトニンの...

不眠の悩みを持っている方の中で睡眠前の時間や睡眠時にアロマを試したことがあるかと思います。アロマはリラックス効果の高いラベンダーなどは鎮静作用、精神安定作用、不安緩和に効果があると言われており、疲れた心と体に作用することからおすすめされています。そんなアロマを利用して不眠対策を行っている方におすすめしたいのがアロマが持つ、リラックスハーブの作用をしっかりと配合している不眠症対策の休息サプリメント潤...

眠くて布団に入ったはずなのに、夜中急に目が覚めてしまい、その後、眠れないという悩みを持つ方がいます。主に夜中に2回以上目が覚めてしまうというのが週に3日以上あるという方は中途覚醒という不眠の症状の一つの可能性がありますので、特に注意が必要です。症状が重い場合には医師による診断も必要ですが、その前に生活習慣などの見直しなどで症状が緩和したという方も少なくありませんので、睡眠薬に頼りたくないという方は...