入眠障害の症状と原因について

不眠症の症状の一種である入眠障害の症状と原因について考えてみましょう。

 

入眠障害とは、布団に入ってもなかなか眠りにつけないという睡眠障害の一つです。

 

睡眠前の行動が影響する入眠障害

普通の人が、眠りにつくのに10〜15分時間がかかるのに対し、布団に入ってから数時間、深刻な方になると明け方まで眠れない症状です。
寝つけない原因としては、布団に入った時点で脳と身体が眠りにつく状態になっていない事があります。
脳と身体が眠りにつきやすい状態とは、脳内からメラトニンが分泌され、交感神経の緊張が解け、副交感神経が優位の状態であり、体温が程よく下がっている状態です。
この脳と身体が眠りにつきやすい状態になっておらず、自律神経のバランスが崩れている事が入眠障害の原因の一つです。

 

入眠障害の原因は体内時計の乱れも関係している

それでは、脳と身体が眠りにつきやすい状態を邪魔する要因について考えます。

 

現代人が抱えるストレスと生活習慣の変化

まず、働く人には避けられない、ストレスです。日々の生活で避けられない会社や学校の人間関係、大事な仕事、試験の前に感じるプレッシャーなどの精神的なストレスを抱えていると、寝る前に思い出す事になどにより、眠りを誘う副交感神経ではなく交感神経が活発になる為、寝つきにくくなります。
また、パソコンやテレビの画面の光は、眠りを促すホルモン、メラトニンの分泌を制御し、スムーズな入眠を妨げると言われています。
休む約2時間前には、パソコンやテレビの画面を見るのは控えましょう。

 

入眠障害,不眠症,症状,原因,解説

 

また、体内時計の乱れも原因していると言われます。
体内時計は、メラトニンの分泌をコントロールしているからです。
夜勤などの勤務体制のある職場にいる方は、メラトニンを摂取できるサプリメントを利用するのもいいでしょう。


 

 

入眠障害,不眠症,症状,原因,解説

関連記事

早朝覚醒の症状と原因
不眠症の症状の一種である睡眠障害の種類にはどのような種類があるかを、その症状と原因の解説をしています。また、睡眠のメカニズムを睡眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて紹介しています。
中途覚醒の症状と原因
不眠症の症状の一種である中途覚醒の症状はどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを中途覚醒を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。
熟眠障害の症状と原因
不眠症の症状の一種である熟眠障害の症状はどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを熟眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。