早朝覚醒の症状と原因について

不眠症の症状の一種である早朝覚醒の症状と原因について考えてみましょう。
いくつかある不眠症の症状の一つに早朝覚醒という症状があります。

 

早朝覚醒とは?

早朝覚醒とは、起きようと思って目覚まし時計をかけていた時間よりも早く起きてしまい、それから眠れなくなる症状です。
その為、熟睡感がなかったり、日中にウトウトするということがあります。

 

日本の成人の約7.9パーセントが早朝覚醒の経験あり

アンケートによると、日本では、成人の約7.9パーセントが早朝覚醒の経験があると答えているそうです。
この症状が、週3日以上、一か月以上続くと早朝覚醒タイプの不眠症にかかっていると考えられます。

 

早朝起きてから、再び眠れないまま日中はぼーっとしてしまう為、疲れがとれにくく大変ストレスの溜まりやすい症状です。
学校での勉強や仕事にも差し支える場合もあるので、この症状に気づいたらその原因を探り、早めに対策を取る事が大切です。

早朝覚醒の原因はストレスにあり

それでは、早朝覚醒の原因とは何でしょうか。
まず、一番考えられる原因は、ストレスだと言われています。
職場や学校などの人間関係や、仕事に関して何か気になっている事があるなど、何か大きなストレスを抱えている場合などに多い症状です。
また、この早朝覚醒は、うつ病の初期症状の典型的な症状の一つとも言われています。
早朝覚醒の症状を自覚したら、軽く考えずに、職場や学校に相談したり、病院へ行く事をおすすめします。

 

加齢によって起こる早朝覚醒の症状

また、加齢による症状の老人性早朝覚醒もあります。
年をとる事により、メラトニンの分泌が抑制され、眠りが浅くなるのです。この場合、睡眠障害には、分けられず、熟睡感を感じていれば問題ないとされています。

 

早朝覚醒,不眠症,症状,原因,解説

 

朝までぐっすり眠るためにはストレスの要因の解決以外に、睡眠環境を整えることも大切なポイントになります。


 

 

早朝覚醒,不眠症,症状,原因,解説

関連記事

中途覚醒の症状と原因
不眠症の症状の一種である中途覚醒の症状はどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを中途覚醒を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。
入眠障害の症状と原因
不眠症の症状の一種である入眠障害の症状とはどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを入眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。
熟眠障害の症状と原因
不眠症の症状の一種である熟眠障害の症状はどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを熟眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。