熟眠障害の症状と原因について

不眠症の症状の一種である熟眠障害の症状と原因について考えてみましょう。

 

全ての睡眠障害と密接な関係がある熟眠障害

不眠症の症状には、大きく分けて主に4つの症状があります。
入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害です。

  • ベッドに入ってからなかなか寝つけない入眠障害
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒
  • 起きる予定の何時間前に起きてしまう早朝覚醒
  • そして、十分睡眠をとっているのに熟睡感を感じられない熟眠障害

 

若い世代にも広がる熟眠障害

熟眠障害,不眠症,症状,原因,解説

今回取り上げる熟眠障害は、最近若い世代に増えてきている睡眠障害で、低血圧の人にも多い睡眠障害と言われています。

 

中途覚醒との関連も深く、夜中に中途覚醒しているから起こっている場合も考えられます。
その場合は、睡眠の質が低下している事が原因です。
きちんと睡眠時間をとっていても、眠りが浅いと眠りの質が低い為に熟睡感を感じられないのです。

 

睡眠環境の見直しをしてみましょう。

熟眠障害,不眠症,症状,原因,解説

他の原因として、睡眠環境があげられます。
  • 今、休んでいる環境は、リラックスできる環境でしょうか。
  • 寝心地のいい寝具を使っていますか。
  • 眠る時の明かりの明るさはどうでしょうか。
  • アロマを香らせたりして眠りやすい環境を工夫していますか。

睡眠環境を整えるだけでも、眠りの質の改善効果が期待できます。

 

生活習慣は睡眠と密接に関係しています。

他にも、体内時計の乱れも考えられます。
不規則な生活は、私たちの体に自然と備わっている時計、体内時計のリズムも狂わせてしまいます。
そうすると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌も減少してしまいます。

 

規則正しい生活は、体内時計のリズムを調え、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌も整うことから、熟眠障害の悩みの対策にもおすすめされています。
また、一番注意が必要な原因として、睡眠時無呼吸症候群(SAS)があります。
無呼吸状態では、脳に送られる酸素の量が少ない為、脳の疲労感が取れず睡眠の質が低下しているのです。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)ではないかと思った時には、命に係わる場合もあるので病院に相談することも大切です。

 

熟眠障害,不眠症,症状,原因,解説

 

睡眠の質を向上させたいと考えた場合に、寝具にも気を使う必要があります。
その上で体に負担の少ない休息サプリを試すなど、より熟睡できる環境を体と心に与えてあげることが大切です。


 

 

熟眠障害,不眠症,症状,原因,解説

関連記事

早朝覚醒の症状と原因
不眠症の症状の一種である睡眠障害の種類にはどのような種類があるかを、その症状と原因の解説をしています。また、睡眠のメカニズムを睡眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて紹介しています。
中途覚醒の症状と原因
不眠症の症状の一種である中途覚醒の症状はどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを中途覚醒を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。
入眠障害の症状と原因
不眠症の症状の一種である入眠障害の症状とはどのような原因で起こるのか、その症状とメカニズムを入眠障害を起こしやすい人の睡眠状況と合わせて解説しています。